ネットで売却先車会社を選びし車を売却しました

ネットで売却先車会社を選びし車を売却しました

車を売却したのは5年程前で経済的な理由から売却する事に決めました。

車はCR-Vで11年程乗りました。走行距離は比較的少ない方ですが、以前後方から車に突っ込まれて、車の後部がかなり破損してしまいました。保険が降りて修繕して貰いましたが、表面上では分からないのですが事故の痕跡が残っているので査定に響くかも知れないと言われました。

その他に駐車場の支柱に誤って助手席のドア部分に擦りつけてしまい修正ペンで直しましたが、見た目で分かるような大きな傷があります。

このような状況なのでかなり査定に響くだろうと思いながらネットで売却会社をピックアップして6社位登録しました。

早速、一社の会社から電話連絡があり、車の状態を説明するとすぐに金額が伝えられました。直接車を見てもらっていない状況でちょっとビックリしましたが、どうも先方は話し振りから自分のところで車の売却をして欲しいような雰囲気が伝わり自宅まですぐに伺いたいと言われ翌日自宅に査定員が訪れました。

傷も見てもらいやはり電話での査定額よりは悪くなりましたが、まずまずの評価でしたので満足しましたが、それでも他社の話も聞いて見たいのでとりあえず検討すると伝えたら査定員は「他では絶対出せない好条件だからうちで決めて欲しい」と引き下がりません。

こちら

それでも他社の話を聞いてからと突っぱねると査定員は本日だから出来る査定額で後日になれば査定は下がるとまで言いました。あまりにも高圧的な態度にこの会社に対して嫌悪感を抱き、追い返し二度と連絡は取りませんでした。

結局、査定の提示額は少し下がりましたが対応の良かった別の会社に頼み無事、売却する事が出来ました。車を売って欲しいと必死になるのは分かりますが、引くところは引かないと会社の印象が悪くなってしまいます。今まで乗っていた愛車をこの会社に任せたいと思えるような対応の良い会社で売却出来て良かったです。

レクサスのドレスアップ

車を少しドレスアップしてみようかと考えています。車自体は好きで今はレクサスに乗っているのですが、いじったりしたことは今までありませんでした。エアロって何かなと調べてみると、パーツのことで、フロントバンパー下側、リアバンパー下側、サイドスカート、ルーフエンドのことだそうです。フロント、リアバンパーは前と後ろの下側のパーツですね。

こちら

サイドスカートは前輪から後輪間のパーツですね。ルーフエンドは車の形状によりハッチゲートやトランクのことを指すことがあるようです。まあファッションなわけですけども、元々は車の空気抵抗を考慮して装着していたようです。フルエアロとは今挙げたエアロパーツが全部ついているということです。じゃあエアロはどこで買うのだろうと思い、「レクサスエアロ」で検索すると、パーツを取り扱っているショップのHPだ出てきます。実際にドレスアップしている画像もありますが、はあ、溜息で出るほどかっこいいです。しかし紹介しているエアロをすべてつけるとなると総額で100万円はいきそうです。レクサスのエアロパーツのブランドとしては、Lorinser(ロリンザー)、AIMGAIN(エイムゲイン)、AUTOCOUTURE(オートクチュール)、BRANEW(ブランニュー)、Carlsson(カールソン)、TOM'S(トムス)、WALD(ヴァルド)などがあるようです。いやHP見たらほんとほしくなりました。仕事頑張ります。

要介護の父のための車を買いました

私の父は、9年前からずっと要介護状態です。

と言っても、完全に寝たきりとか車いす生活というわけではなくて、手を取って体を支えれば、20〜30歩くらいはなんとか歩けるくらいです。

こちら



とは言え、年々体力は弱り、身体の動きも動きにくくはなっているので、数年後には車いす生活になるかもしれないという予感はしています。

実家で、母の運転している車を買い替えることにしたのですが、今回は父のことを考えた車選びをすることにしました。

父が車いす生活になっても、母一人で車の乗せおろしができるような車を買うのです。

となると、真っ先に思い浮かぶのが福祉車両でした。

母は軽自動車しか運転できないので、軽自動車の福祉車両を買うことに決めました。

この話を友人にしたところ、それならホンダから出ているN BOXが良いのではないかと教えてもらいました。

早速ホームページでチェックしてみると、車いすの乗せおろしもしやすそうだし、車いすなしでの使い勝手もなかなかよさそうです。

もちろん、他の福祉車両も候補にいれつつ、父と母を連れてホンダのお店に試乗させてもらうことにしました。

一番の決め手は父なので、車いすも持参し、父に乗ってもらって乗り心地を体感してもらいました。

こちら



それから、車いすなしで乗り降りする時のために、助手席への乗り降りのしやすさも、父に実際体験してもらいました。

車いすがのる分、車自体の高さもあるので、父にとっては助手席への乗り降りもかなりしやすいそうです。

そこで、この車を買うことに決めました。

軽自動車にしては、安めの普通車なみに値段がするのですが、車いすごと乗れるのを考えると、致し方ありません。

大人気の車種のようで、納品されるまでにけっこうかかりましたが、そこまで急いでいないので問題ありませんでした。

ボディの色は、父に選んでもらうことにしました。

今までの父の車のセレクトだと、白かシルバーを選択すると思っていたのですが、意外と赤系の色を選んでいました。

ちょっと濃い落ち着いた赤ですが、ものすごくかっこいいです。

父曰く、明るい色の方が、明るい気持ちになれていいと思ったのと、単純にかっこいいと思ったらしいです。

父もすごく気に入った車なので、お出かけがさらに楽しいものになったようです。

父には、10年後に次の車に買い替える時にも、まだ元気でいて欲しいものです。

東京三鷹 車買い取り
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>