一度は外車に乗ってみたい。

一度は外車に乗ってみたい

 大抵の人は高校生か大学生中の18〜22歳ぐらいで自動車の運転免許を取りに自動車学校に通うのではないかと思います。私も初めて運転することにドキドキしながら、約1カ月ぐらいの講習を受講して運転免許証を取得しました。運転免許証を取得したら、いよいよ車の購入ですが、最初の車は手ごろな価格の割と楽に運転できる車種を選ぶのではないでしょうか。1年、2年と車に慣れてくると、次は自分の乗りたい好きな車を購入しようかと仕事にも一生懸命慣れたりもすると思います。私は、これまでたくさんの車に乗ってきたわけではないですが、割と乗りたいと思った車を購入してきました。でも、まだ外車を購入したことがありません。一度は所有してみたいです。

 外車といってもベンツ、BMW、フェラーリなどたくさんの車種があります。また、外車というと何といっても左ハンドルというイメージが強いです。右ハンドルの外車もありますが、やっぱり外車を購入するとしたら左ハンドルのものがほしいですね。排気量も5000tぐらいでセダンがいいです。価格は一軒家かマンションを購入できそうな新車で町の道路を走りたいですが、今は時代がエコ。

こちら

国産の売れ筋はハイブリットカーでトヨタのプリウスなどよく見かけます。そんな世の中になっているのに、外車が欲しいなんて発言したら・・・よほどのお金持ちなら話は別でしょうが、一般のサラリーマンの私ですから、外車にお金をかけようとするなんてと説教されそうです。

 先ほども触れましたが、日本ではエコが当たり前の時代になっています。外車に乗ってみたいと言いながらも、自家用車の軽自動車を運転していて、対向車が外車だった時には時代じゃないよと思います。それでもエコといわれている時代だからこそ、逆らって外車を購入して燃料のことなど一切考えず、色々なところに行きたいなという欲求が湧いて出てきます。国の制度で、運転免許証を持っている人なら誰でも一度は外車に乗ることができるなんていうことにならないかなぁ・・・。

車を売却するならインターネットの一括査定がおすすめ

現在、車を所持している家庭は多いのではないでしょうか。一昔前に比べると車の普及は進み、最近では購入を手助けする補助金制度の効果もあり車を所持してレジャーなどを楽しむ家庭は大幅に増えています。

こちら



しかし当然、生活環境の変化などの事情によって車を売却する家庭も少なくありません。

元々公共の交通機関が未発達は地域では必要不可欠な車も、引越しなどで不要になる場合があります。また車は維持費がかかるものですので、家計の状況によっては出費を減らす為に車を手放すという選択も有効となります。

ですがそうした事情で車を手放すにしても、出来るだけ高く買い取ってくれる業者に売却したいと思うものです。車の購入にはまとまったお金がかかっていますし、その後の維持費も考えると、少しでも元を取りたいと思うのが人情でしょう。

最近は車の買取専門業者も増えており、より有利な売却が出来る時代になっていると言えます。買取価格の査定もインターネットを利用して簡単にできるようになっていますので、昔のようにいちいちいくつもの買取業者に持ち込み査定をしてもらう必要はありません。

そのため車の売却を考えている場合はインターネットでの査定が特におすすめです。

現在インターネットでは複数の買取業者に一括で査定を依頼できるサービスが充実しています。

こちら

一括査定することで簡単に各査定額の比較ができ、競合業者の存在を意識した買取価格を提示してもらえる可能性が上がります。

車を売却する際には業者に提示される金額のままで妥協せず、できるだけ条件の引き上げ交渉を行うことも重要です。

車を使わなくなった時の抹消登録

要らなくなった車をそのまま放っておくと、毎年、自動車税だけ取られることになるので「廃車処理」をした方が賢明です。廃車すると言っても、勝手に海や山に捨てても意味がありません。道路運送車両法という法律に則って陸運局に行き、検査登録を抹消して、ナンバープレートを返却しなければなりません。要するに、自動車の存在自体を抹消するということです。

ただ、抹消登録には「一時抹消登録」と「永久抹消登録」の2種類があり、今は使わないが、何年か先に使う予定があるという場合には、一時的に抹消登録をすることもできます。

一時抹消登録というのは、名前の通り一時的に抹消することで、また乗りたくなった時には、車検を受けて再登録すれば、走らせることができるようになります。従って、抹消というよりもどちらかというと、凍結という言葉の方が適しています。一方、永久抹消登録というのは永久という言葉の通り、抹消登録が終了した時点で、再登録が不能となります。

こちら



一般的に、抹消登録をする場合は永久抹消登録をしますが、例えば、車検まで期間が残っている場合は、いったん一時抹消登録をしておいた方が得になるケースが起きます。

実は、車の税金である自動車税や自動車重量税は前払いになっているため、抹消登録をすると税金が戻ってきます。そして、永久抹消登録の場合は、抹消登録をした日を基準にして納め過ぎた税金が還付されることになります。ただし、永久抹消登録をするためには、解体業者によって車が解体されているという証明が必要になっており、その解体には数週間が掛かります。従って、その数週間分は税金が還付されません。

ところが、一時抹消登録の場合は、解体していなくても、申請をした時点で自動車税と自動車重量税の還付金の起算がされます。そのため、永久抹消登録よりも、数週間分の税金が多く還付されることになります。

なお、一時抹消登録は抹消登録と解体届の2回手続きをしなければならないため、車検までの期間が残り少ない場合は、永久抹消登録にした方が面倒な手続きが省けますし、手続のための費用も1回で済みます。

東京 車売る


<<前のページへ   次のページへ>>