スカイライン

スカイライン

いままで生きてきて

車を6台乗り換えました。

独身の時に乗っていた

紺色のミッションのスカイラインが

私の一番のお気に入りの車です。

スカイラインに乗っていた当時は

独身でしたが

お金のかかる車でした。

仕事が休みの日

スカイラインでドライブするのが

何よりの楽しみでした。

この車を購入するには

いろいろトラブルがありました。

問題その1は、

私が女なので父に反対されたことです。

問題その2は、

その前に乗っていた車、

実は購入から8ヶ月で

全損事故を起こして

廃車になっていました。

更に私はその事故で

生死をさまよう状態を乗り越えて

回復したところだったからです。

その理由で

父が承諾してくれるわけもありません(笑

最初はGT-Rが欲しいって言って

「でていけっ!」って言われました。

それでもどうしても乗りたかったんです。

給与がそんなに多くありませんから

GT-Rは諦めて

私が買えるスカイラインがないか、

こまめに車屋さんに通いました。

こちら



相談したら、

中古車で探しましょうって。

今はダメだと思うんですけれど

その時オークション会場まで連れて行ってもらって

自分で車を選びました。

高い買い物だったけど

すごくいい極上車がその時出てて、

オークションで落とせて私のものになった日の感動、

今もよく覚えています。

納車されたその月のガソリン代、

大変でした。(笑

給料の8割使っちゃいました。

友達乗せて、

弟乗せて、

休みのたびにドライブに行きました。

自分の時間がたくさん持てる年齢だったので

夜もよくドライブに行きました。

すごく楽しかったです。

そのうち彼氏が出来て

デートの時も彼の車じゃなくて

私の車で出かけました。

その先彼と結婚したんですけれど、

嫁入り道具にもちろんスカイラインも入っていました。

ふたりで大事に乗りました。

その大事なスカイラインと

お別れすることになった理由は出産です。

小さな子供を乗せて

スカイラインで街中移動するのはちょっと辛くて

ファミリーカーに買い換えました。

こちら



車両入れ替えで悲しくて泣いたのは

スカイラインと別れた時だけです。

心に残る思い出の車です。

下取りはどこでする?

もともと交通の便の良い所に住んでいた私。

車の必要性は感じてませんでした。

しかし免許くらい取っておいた方が良いと親に言われて免許を取ったのは大学生の頃。

マイカーは必要ないし買うつもりもありませんでしたが、これもやはり親が乗っといたほうがいいと中古の軽自動車を買ったのです。

と言っても名義は私、代金も最初にある程度の金額を入れたのは親だけど、後はローンを組んで自分で払えと言われたのです。

ひどい押し売りにあった気分でしたね。

それでもあれば使うもので、ちょっとした小旅行やレジャーに乗って行くようになりました。

パワー不足は感じたものの、特に不自由もなく使っていました。

しかし乗り始めて7年。

元が中古だったこともあり、ガタが出始めました。

乗り慣れた車だし名残惜しいけど、下取りに出し、新しい車を買うことに決めたのです。

下取りと言っても古いガタの来た軽自動車。

ほとんど値段は付かないだろうなと思ってました。

次に購入予定の車も同じメーカーのものだったので、早速そのメーカーの正規ディーラー店へ。

こちら



新しい車の見積もりと合わせて下取りの価格も出してもらいました。

すると…なんと11万円。

値段が付かないと思っていただけにこれはちょっと嬉しい。

実はここへ行く前に、別の中古車ディーラーで下取りの見積もりだけ出してもらってたんです。

その時の下取り価格は5万円。

やはり正規店とそうでないとこの差なんですかね。

もちろん正規店で下取りしてもらいました。

どこも同じという訳ではないんですね。

次回また下取りしてもらう時には正規店にお願いしようと思います。

車を売るなら

大体の人は車を売ると考えてから実際に手放すまでは結構時間がかかっています。

これは、お金の面で考えると実はあまり良いことではありません。

考えているうちにどんどん価格が下がってきます、車の価格が高ければ高いほどその傾向も大きくなります。

ですから車を売りたいと考えたら、少しでも早く売るべきです。

実はそのほうが、もう一つメリットがあるのです。

それは、車は大体どんどん汚くなってしまいます。そして売ろうか売るまいかを考えている人であれば、車のメンテナンスのほうもしなくなってきます。

とすればどんどん価値は下がっていく一方なのです。

ですから一日でも早く売りに出すことです。

こちら



私の場合は、壊れそうな車を壊れれるまでが、モットーなので、もうだめかとおもったときには、スクラップ工場のほうへ行ってますので、自分の車を売りにだすということはあまりしていません。

しかし、よく安く車を買って、少し直して、少し高めに売るということをたまにしています。

その経験から言うと、車のオーナーがその車を持っていたい、と思う気持ちから離れてからの車の痛みは非常に激しいのです。

ある人に車の調子はどうですかと聞いたところ、大丈夫ですということを言っていたものが、たった2~3か月たった時には車のエンジンの故障が発生したということはよくある話なので、車のほうももう自分には関心がないというのを感じるのかもしれません。

その車を引き取って少しばかりの整備をしてあげると、その後は何の問題もなく5~6年は乗ってられることもよくあることです。

車を売るのであれば車側からしてみれば、デーラーのほうへ出したほうがそのメーカーの整備士なのでどこが悪いのかよく分かっているので、そのほうが良いのでしょう。

ですが金銭面で考えると、やはり、個人売買が良いのかと思います。

個人売買をするときの注意としては、どちら側も納得をした値段を決めることです。

そしてできれば立会人をつけておいたほうがよいでしょう。後でトラブルになった時にどのようにするのかとかいろいろ細かいところを決めたほうが良いかと思います。


こちら-こちら


  次のページへ>>